ハードマンズのリネンが高品質な理由

よもやま話

リネンの良し悪しは80%原料で決まる

天然素材の良し悪しは、まず原料で決まります。原料が悪かったら良い製品はできません。これはリネン麻だけにかかわらず、全ての天然素材にいえることです。そこが大量生産できる合成繊維との大きな違いです。

ノルマンディーのリネン農場を訪れた際にも、リネンの糸は10段階のグレードに分けられるのだと聞きました。100番手や80番手の質の高いリネン糸を作るには、トップグレードのフラックス原料が必要なのです。

フランス・ノルマンディー リネンの畑を訪ねて 2014.6
2014年6月 フランス・ノルマンディー地方のTERRE DE LINという会社に訪問してきました。ここは600軒のリネン(フラックス)農家から収穫されたフラックスの草からスカッチングという方法でリネンファイバーを取り除く作業を行い紡績工場へ出荷している会社で、併せて品種改良なども行っているフランスでも最大級の会社です。

残りの良し悪しは真面目に作るかどうかによる

スカッチングされて得られた原料のフラックスを、ハックリング(梳く)する過程で、長繊維(1亜)・短繊維(2亜)に大きく分けます。ハードマンズリネンは原則長繊維(1亜)原料を100%使用することとなっています。一般的にこの工程をふむと40%の原料は短繊維としてロスしますので、仮に1.0トンの原料を投入しても0.6トンの糸しかできないことになります。

ハードマンズは、この長繊維のみで糸を紡績します。それ故に、毛羽も少なく高品質なのです。

ハックリング工程で取り除かれたリネンの短繊維

一般的に出回っている安価なリネンはこのロスする原料を再度リターンして水増しします。この工程は一番うそのつけない工程ですのでまず工場見学で見ることができません。もしわかる人がみたら一発でバレます。もしくはロットの違う安い別の原料をスライバーを作る工程でミックスします。

こうしてできた紡績前の粗紡糸はマーブル状の生成糸になります。この時点で紡績すると混ぜ物の糸ということがバレてしまうので、粗紡糸の段階で漂泊して真っ白にします。紡績後はきれいな晒糸になっているのでもうわかりません。

ハードマンズリネンは長繊維のみを100%使用していますので、コスト面では贅沢に原料を使用しているので高くなってしまいますが、このおかげで毛羽立ちの少ない光沢のある糸が生まれるのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました